スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボーン小説

2009
07-19
注意!

もはやカービィと何の関係もありません!
リボーン小説だもん!



それでも良いという方

GO!↓







並盛高校
まあ、用は並盛町にある普通の高校。
学科も普通科と理数科だけ。
部活もまあ、野球とか、サッカーとか、吹奏楽とか、普通のものばかり。
そんな中にひとつだけおかしいもの。
それは同好会なのだが・・・・・・。
まあ、同好会があること事態は自然なことだ。
問題なのは同好会の名前。
「ボンゴレファミリー同好会」
まず、はじめに見た人は「はあ?」となってしまう。
それもそうだ。
同好会といったら、囲碁とか将棋とか、まあその辺の類だろう。
しかしこれは明らかに変だ。
入っている人間も変なやつが多い。
だがまだ紹介するときではないので飛ばします。
まあ、おかしいのはこの同好会だけなのでご安心していただきたい。
まずはそんな普通すぎる学校の普通すぎる授業風景を見ていただこう。

*  *  *

「で、あるからして・・・・・・・・・・・・・・」
(暇だ・・・・・。)
沢田綱吉はとても暇そうにしていた。
高校に行ったは良い。
なぜか中3になっていきなり成績が上がった。
今までドンケツの順位を走っていたのにいきなり上位に上がったのだ。
ありえない話だが事実なのだからどうしようもない。
そのため余裕で、しかもダントツの点数で入ることができた。
その点数がなければ内心が悪い自分は落ちていたかもしれないと思っているが。
そんなこんなで、これもやはり自分の家にいる家庭教師のおかげなのだろう。
勿論高校生になっても教育はされている。
だが中学時代と違うことはどんどん知識を吸収するのでもう高校レベルのことは全て教えられており、現在は大学レベルのことを教えられている。
そのため学校の授業が暇過ぎて困っているのだ。
しかし運動音痴は相変わらず直っていない。
ましにはなっているのだが、やはり他のものと遅れをとってしまう。
なのに格闘系に関しては普段ではありえないほど運動神経がよくなる。
何とかそこを直したいが、もう無理なようで、家庭教師もそこはあきらめているようだ。
「では、今日の授業を終わります。今日やったところは次の時間小テストをするのできちんと復習して置くように。」
いつの間にか授業は終わっていた。
今日やったところは知らないが黒板を見れば何処をやっていたかはすぐに分かるので、教科書の文が出てこられても困らない。
最近家庭教師が100点を取らないと半殺しにしようとするのでテストのときはある意味命がけだ。
(やっと全時間割終わりか・・・・・。聞いてるフリも楽じゃないよな・・・・・)
もはや神がかっている綱吉の聞いているフリは寝ていてもその体勢を崩すことはない。
「10代目ー!」
嵐を呼ぶ声が聞こえる。
獄寺隼人だ。
この男は疲れるから嫌いなのだ。
だが綱吉はそれを顔に出すことは無く。
「早いとこ部室に行きましょう!」
「今日はいけないんだ・・・・。用事があるから。」
「そうですか。それでは俺はこれで。」
用事があるのは事実だが、そこまで重要ではない。
むしろ部室に行ってもできることだ。
しかしそれをしようとすると騒がしくなるのでやりたいくないのだ。
帰り支度を終え、教室から出ようとすると後ろから声をかけられる。
「なあ、ツナ。ちょっと金貸してくれよ、今月ピンチなんだ。」
声をかけたのは教室を締めている(と思っている)不良少年集団だった。
断りたいが、断ったら攻撃してくるだろうし、正直今の自分では腕力が足りない。
どうしようかと迷っていると教室の空気が一瞬にして変わる。
「金の貸し借りは風紀違反だ・・・・・・・。」
聞こえてきた声は風紀委員長にして最強の不良、雲雀恭弥だった。
「しかも群れているとは・・・・・かみ殺そうか。」
その声を聞いた瞬間不良集団が逃げている。
手間が省けたな、と思っている綱吉に雲雀が声をかける。
「珍しく今日はあの五月蝿い犬がいないね。」
「まあ、そういう日もありますよ・・・・・。」
その会話だけやると雲雀は教室を出て行く。
入れ替わるように一人の少女が入ってくる。
「ゴメン、ボス・・・・。ホームルームが長引いちゃって・・・。」
入ってきた少女、クローム髑髏はどこか怯えたように言う。
「別にいいって。で、今日は何処からだけ?」
「うん、えっと・・・・・このへん。」
本を取り出してページをさす髑髏。
「ああ、そうだったね。」
並んでに教室を出て行く二人を冷やかす声やら、ざわつきやらが聞こえるが、気にしたことは無い。
気にしたら負けだ。
何をしているのかというと、単純に勉強を教えているだけだ。
勉強といっても髑髏は頭がいいので普通のことではない。
余談になるが、この高校においてテストの成績上位3位は必ず綱吉、獄寺、髑髏で、その下に三浦ハルなどがいる。
話を戻そう。
綱吉が髑髏に教えているのはイタリア語だ。
よく分からないが目標があるらしいので綱吉はそれに快く協力しているのだ。
これを部室でやると獄寺が騒ぎ出すのでまともに教えることができない。
だからいつもは児童公園でやっている。
やっているのだが、今日はあいにくの雨。
しょうがないので綱吉の家に向かう一行(二人しかいないけど)。
「ただいまー」
「おじゃまします・・・・・・」
「お帰りツッ君。あら、もしかしてクロームちゃんも一緒?」
家の奥から母親の声が聞こえる。
声の小さい髑髏の声が聞こえるほど耳が良いらしい。
髑髏が綱吉の家に来るのは別に初めてではない。
なので沢田奈々は髑髏のことを知っている。
あまりにも二人の仲が良いので最近は二人が付き合っているのではないかと疑っているようだ。
「うん。そういえばランボたちは?」
「ランボ君たちなら遊びに行ったわよ。」
「は?こんな雨の中?」
「そーなのよね。何処行ってるのかしら。」
「まあ、あいつ等なら夕飯時には帰ってくるだろ。」
なまじ嘘ではない。
この沢田家の料理を食べたものはまた食べたくなるらしく、しょっちゅう来客がある。
「そうそう、夕飯といえばクロームちゃんも食べてく?」
「いえ・・・・・・・お気遣いなく・・・・・」
綱吉以上の遠慮癖のある髑髏。
「遠慮すんなってクローム。」
「じゃあ・・・・・お言葉に甘えて・・・・・」
綱吉の一言で決心する髑髏。
「じゃあ、上行こうか。」
階段を上がり綱吉の部屋に向かう二人。
部屋のドアを開けるとまずいるのが・・・
「なんだツナ、女子を部屋に連れ込んで不純異性交遊か。おあついこったな。」
皮肉を言う家庭教師リボーン。
赤ん坊でありながら世界最強のヒットマンで、最強の赤ん坊アルコバレーノの一人だ。
9代目の命で来たらしいが、覚えているやつなんているのだろうかと思うほど、綱吉の近くにいるのがデフォルトになってきている。
そんなリボーンの皮肉をなれたようにかわす綱吉。
「そんなことしないっての。つーか愛人が四人もいるお前に言われたくない。」
「言うようになったじゃねーか、ダメツナめ。」
ちなみに髑髏はリボーンの台詞を聞いて真っ赤になってました。
純情だから。
「じゃあ、邪魔者は出て行くとするか。あんまし騒ぐなよ」
最後まで同じことを引きずって出て行くリボーン。
もうその手の事には反応しなくなった綱吉。
そしてそれを真に受ける髑髏。
「・・・・・・クローム、大丈夫?」
あまりにも真っ赤な髑髏を見て心配する綱吉。
「・・・・・大丈夫・・・・・・」
か細い声を出して返事をする髑髏。
「それじゃ、前の続きから」
「・・・うん・・・・」
二人の男女が寄り添って一冊の本を覗き込んでいる図は遠くから見たらどう見えるのでしょうかね?



*  *  *


さて、まったく関係のない話を続けてしまって少しばかり申し訳ないと思っている。
本来は並盛高校に存在するボンゴレファミリー同好会なるものの説明だったのだ。
完全に忘れていたことを許してほしい。
さて、この同好会を今後ボンゴレ同好会といわせていただくが、このボンゴレ同好会は予想している方もいることだろうが、獄寺隼人が作ったものである。
所属生徒は獄寺隼人は言うまでもなく、ボクシング部兼の笹川了平、面白さでいる野球部の山本武、ほぼ強制的に沢田綱吉とクローム髑髏、リボーンに言われてなぜか雲雀恭弥が入っている。
この部室には常に獄寺がおり、しょっちゅうリボーンがいる。
たまに山本や笹川了平、綱吉と髑髏がいる。
後者二人は勝手に勉強をしているが。
活動などは一切しておらず、ただの遊び場と化している。
ただ、リボーンが雲雀に入ってもらう際、風紀委員の付属組織にしていいといったため、たびたび雲雀に使われ、そのたびに獄寺がブチ切れ、綱吉に「大人になれ」と殴られている。
だがその存在はないものとされているのは言う必要もなく。
こんなところだろうか。
ではお次は高校自体の説明をさせていただこう。
冒頭にもあったとおり、ノーマルな学校だ。
在校生の殆どは並盛中学の卒業生で占められ、一部黒曜などの優等生が在籍している。
むろん並中のアイドルらしい笹川京子もいる。
まあ、そんなことはどうでもいい。
そんなだから、殆どが顔見知り、ということになる。
その中で並中生ではない髑髏や三浦などは一時的に浮く存在だったりした。
髑髏のほうは綱吉のことをボス呼びするのでいまだに浮いているが。
このようなところだろうか。
これで終わりである。
それではおまけ話でも読んでいただこう。


*  *  *

ハル「ハルのハルハルインタビューです!今日のゲストはクローム髑髏さんです」
髑髏「・・・・・・・・・・・・。なにこれ・・・・・・?」
ツナ(まず無理があると思うんだけど)「なんでクロームなんだ?てか、なんで毎回毎回俺いるの?」
ハル「ハル一人じゃ少し怖いんです!」
髑髏「ボス・・・・私帰っていい・・・・・・・?」
ハル「まだ何も聞いてないのに帰らないでください!ていうか、あなたはツナさんとどういう関係なんですか!」
ツナ「関係って・・・・・・・・・。」
ハル「まあ、それは良いです!まずはツナさんと知り合った経緯を教えてください!」
髑髏「え・・・・っと・・・・・」
リボーン「家光の知り合いの一人娘でな、両親がなくなってから城島と柿本と骸に保護してもらってるんだ」
ハル「リボーンちゃん、いたんですか。でもなんでそんなこと知ってるんですか?」
リボーン「いいから続けろ」
ハル「はい!では次の質問です。なんでクローム髑髏なんて名前なんですか?」
髑髏「それ・・・・いえない・・・・・・」
ツナ(まさか六道骸のアナグラムなんていえないよな・・・・・・)
ハル「はひー。秘密が多いですね。あ、そういえばこの前公園で見たんですけどクロームさんツナさんにキスしてましたよね!あれはどういうことなんですか、ツナさん!」
ツナ(やっぱみられてたか)「てか、なんで俺に振るんだよ。クロームに聞くことだろそれ。」
ハル「どっちでもいいんです!答えてくれないなら、クロームさんに聞きます!」
髑髏「え・・・・・・別に・・・・・意味はないけど・・・・・・」
ツナ(やはりか・・・・・・)「じゃあ、俺帰るな。」
髑髏「ボス・・・まって・・・・・」
ハル「ちょっと、まだ終わってません!帰らないでください!」
リボーン「終わりだ。」















おわり。

追記にて軽いキャラせってー。
 

[リボーン小説]の続きを読む

スポンサーサイト

私立プププヶ丘学園第5話

2009
04-11
観覧不可能のため一応のせときますね。






















第5話くらいのはず


さて、第四話に続き体力テストが行われているプププヶ丘学園。
やはり異常なカービィ。
ソフトボール投げでも何かをやらかす。
「ふん」
気の抜ける掛け声と共にボールをぶん投げる。
普通、こういうのは遠くに飛ばすために、傾斜をつけて投げるだろう。
しかしこの餓鬼はそんな面倒なことはしない。
水平にぶん投げる。
ボールの先にあるのは、計測係。
しかもこのボール、ものすごい土煙を上げている。
計測係、無謀にも取ろうとする。
あぶねえよ。
「ストライック!!」
計測係、キャッチ。
この計測係、野球部でした。
「カービィ、いい球だぞ。もう一球こい。」
「いや、野球じゃねえから。何勘違いしてんだ、手前は。」
ちなみに約100m。
そういえば筆者の学校はハンドボールだった。
続いて握力。
計測器壊れた。
反復横とび。
「1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15,16,17,18・・・・・・・・・・101,102・・・・・・・・200。」
飛びすぎ。
計ってたのはグーイでした。
さて次は、っと、めんどくさいので中略。
最後になりました、20mシャトルラン。
なんとこればかりは陸上部も参加します。
さて面倒なので結果発表。
カービィ、250回。
ワドルドゥ300回。
おまけのグーイさん、205回。
はい、みんな人間じゃないね。
ちなみにセンセはやりすぎて、終わりませんでした。www

東方桃色玉番外編

2009
01-01
「あけましておめでとうございます。」
「早苗元気ねえ・・・。ていうか何回目よその挨拶。」
「知りません。」
「つーか番外編って、舐められてんのかしらね。」
「よんだかー」
「よんでないわよ大食漢。」
「大食漢じゃねえ。星野桃桜だ。」
「あれ、カービィじゃなかったんですか?それと口調が変わってますが・・・。」
「そりゃあ、まだ序盤だからだよ(本編が)。本当はこういう口調なんだよ。あと名前もちゃんとある。」
「何よそれなしでしょ。」
「管理人に言え、管理人に」
「この靴ヤロー!霊符『夢想天生』」
長靴「クラウがいい俺の『自キャラの行動を制限する程度の能力』」
「おい、長靴、反則だろ。」
「たてつくほうが悪い。さっさと続けろ。」
「はい、しょうがないので進めます。」
「ていうか早苗ー。何すればいいのさ。」
「つーか疑問に思ってんのはさ、あんたらまだ十代だろ?酒飲んでいいのか?」
「いいのよ。ここは幻想郷よ。餓鬼は飲まないけど。」
「私はもともと飲まなかったんですけど、ある日霊夢さんに無理やり飲まされてしまって・・・。」
「なによ、文句あんの?」
「俺からみりゃお前らも十分餓鬼だけど。」
「む。大体あんたいくつよ。」
「本編ではあの八雲紫さんとの関係がほのめかされていますが。」
「まあ、色々あったのさ。」
長靴「現在書いたものの更新できずにいる上弦の月では桃桜が素に戻りかけています。また現在製作中の13夜月では宴会を行うつもりです。そのときにゆかりんとの関係と本名を出そうかなと。」
「そういえばこの東方桃色玉って、題名が全部月齢になってるわよね。」
「何か意味があるんですか?」
「ないらしいぞ。」
長靴「なんとなくこだわりです。続編が出せれば、というかもうすでにテロップ立ってるんですけど、暦、干支をしようするつもりです。」
「終わる見込みもないくせに生意気ね。」
「題名まで決めてるらしいぞ。」
「気が早すぎです・・・。」
長靴「えー桃色玉のあとは神氣楼、そのあとは龍霊桃のつもり。新しくするたびオリカビ連中を擬人化して引っ張ってきます。ちなみに原作同様サブタイトルにキャラの漢字を使用してます。」
「ああ、なるほど。今の桃色玉はカービィさんの桃から、その後は・・・って全部にカービィさん入れてません?」
長靴「一応メインキャラなので。そのほかはサイトをあさってれば出てきます。」
「ていうかもともと何してたんだっけ。」

オリカビたちの日常

2009
01-01
「ひまーひーまー。」
「うるせえぞ炎牙。黙ってろ。」
「何だよーつめてーな彗霧。お前の技よりつめてーな。」
「旨くねーんだよ。そんなに暇ならゆず族の工場ぶっ壊してこいよ。」
「無茶言うなよー。結構きついだろうが。あんながっちり警備のとこぶっ壊すのさ。」
「あーできねーんだ。できないんだろ。正直に言えよ。できませんって」
「あー!じゃあ、お前はできるのかよ!」
「ああ。できるよ。」
「じゃあやれよ。」
「十年後にな。」
「何だよ!今やれよ!」
「お前今やれるのかって聞いてねえだろ。」
「あー!腹立つ!正論だから尚更腹立つ!」


みなさんもこういうことありませんでしたか?
性格の悪い友達がいるとあるはず。

擬人化たちのお正月

2009
01-01
まずはカービィとグーイ。
どっちが何言ってるかはご想像のままに。

「カービィさん。」
「あー・?」
「もう新年ですよ」
「それがどうしたっていうんだよ。」
「うわ、最悪だよこの人。お正月を何だと思ってるんですか?」
「一年のなかで最もめんどくさい行事。」
「そんなこと言っちゃだめですよ!一年の始まりぐらいきちっとしましょうよ。」
「んなこと言われてもな。面倒くさいものは面倒くさい。」
「サイテーだよ!何この人!仮にも主人公よ!サイトの顔よ!」
『いや、おれどっちかっつーと今は東方のほうにはまってるんだよね。』
「ほら、管理人もこういってることだし、別にやんなくてもいいんだよ。」
「もうだめだよこいつら。何もかもおしまいだよ・・・。」
「星のカービィ及び東方Project非公式二次元創作サイト、梅雨の晴れ間を今年もよろしくね。」
「うわ、面倒くさいとか言っておきながらきれいにまとめやがった。」


はい。どうもありがとうございますっと。 
お次はゼロ姉妹ですね。
それでは。

「ねえ。」
「何よ」
「もうお正月らしいわよ。」
「私たちには関係ないわ。」
「まあね。」
「ツー、あなたもそろそろ働きなさいな。」
「姉さんにだけは言われたくないな。」
「いい働き口知ってるわよー。おさわりパブとか・・キャバクラとか・・あ、ソープ嬢とかどう?」
「どう?じゃないよ。何でそんなにいかがわしいとこばっかなのよ。もうちょっとましなところ紹介してよ。」
「じゃあ、SMクラブ。」
「なめとんのか。」
「冗談よー。でもそんくらいしか知らないわよー。」
「逆におかしいわ!なんでそんなもんばっか知ってんの?」
「この前デデデの旦那がこういう店を消そうって話してたから。たぶんプププランドにこの手の店はもうないわよー。」
「なんでそんなもん紹介すんの!?姉さん頭のねじ大丈夫。」
「あらひどいこと言うのね。あなただんだんカービィに似てきてるわよ。」
「姉さんといると自然にそうなるんです!」
「じゃあ、どっかいけばいいじゃない。」
「う・・・・。姉さんだってひどいこと言うじゃないですか!」
「冗談よー。さてと・・・。」
「うわちょっと姉さん、こんな真昼間からなんて・・・あひゃあ、そ・そこ・・らめー!」
「働けニート姉妹!」


すいません。
反省してます。
一応やばくなる前にカービィに出てもらいました。
次は暗黒カルテットです。
4人いるのでわかりやすく、
だ・ダークマター
ま・ダークマインド
み・ミラクルマター
ぜ・ダークゼロ
とします。
そういえばダークゼロの擬人化設定まだ出してねえ。



み「んだ、ごんごんうるせーなー。誰だよこんな真夜中によ。」
ま「あ、もう新年だぜ。たぶん除夜の鐘だよ。」
ぜ「おい、ここ日本でもないし地球でもねえぞ。なんで除夜の鐘が鳴るんだよ。」
だ「細かいこと気にすんなよな。おっとリーチ。」
ま「ちょ、おま、早すぎるだろ。まだ5巡目だぞ。」
み「俺もだ。追っかけ。」
ぜ「あ、その中ポン。」
ま「みんな早すぎねえか?あっと、その五萬チー。」
だ「マインドあたりだ。純チャン。」
み「はん。弱いな。」
ぜ「おい、徹マンになっちまうぞ。」
ま「まじか。」
だ「ていうか紅白見逃した。」
み「何打お前そんなもん見るのか。餓鬼だな。」
ぜ「あ、紅白なら録画してあるぜ。」
だ「まじか。」
み「餓鬼がもう一人・・・」
ま「とりあえず寝ようぜ。」
だ「そうだな。」
カービィ「おい屑共、さっさと寝ろ。」



結局カービィが閉めちまいました。
次は今の今まで出てこなかった、ドロシアとシャドーです。

「うーん。やっぱり朝日はきれいだな。」
「ちょっとドロシア、また朝日描いてんの?何枚目よそれ。」
「またって何ですか、またって。朝日は一日たりとも同じことはないんです。だから何枚も描くんです。
ていうかシャドーさんまさか寝てたんじゃないんでしょうね。」
「そうよ。なにか悪い?」
「悪くはないですけど、寝すぎですよ。もう記録大幅に更新してます。3ヶ月って、寝すぎですよ。よく持ちますね。」
「持つから持つのよ。それが私。だいたいカービィもじょうぶでしょう?だったら影の私も丈夫で当たり前じゃない。」
「いやいや、それおかしい。大体私たち魔獣ですよ。なんで鏡の世界に影ができるんですか?もともと影の存在ですよ私たち。」
「私に言われても困るわ。そういうことならダークマインドに聞いて頂戴。あ、うん、マインドに聞いて頂戴。」
「いま、迷いましたね。絶対明らかに迷いましたね。」
「いや、迷ってないよ。」
「いや、迷いました。つっかえましたもん。」
「迷ってないって言ったら迷ってないのー!迷った本人が言ってるんだから本当よ!」
「今言いましたね!あなたの口から言いましたね!」
「しまったー!誘導尋問か!」
「してません!あんたが勝手にしゃべったんです!」
「畜生!こんなことなr」
「働けえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」

すいません。
また出てきました。
裏設定とびまくり。
じつは・・・と
この続きは追記で。
最後はデデデたちです。


「あけましておめでとうございます。」
「ああ。」
「大王様、正月から働かなくても。」
「なにをいっているんだ、メタナイト。ワドルディたちは交代制とはいえほとんど休暇をとっていないんだぞ。そんなやつらを尻目に休んでられるか。」
「はあ、そうでしたか。しかし私どもとしてはやることがないもので。」
「陛下!陛下ー!」
「なんだ、騒々しい。」
「申し訳ありません。ですが、隣国のルミナル王国から宣戦布告が・・!」
「何だと!陛下!」
「よし、メタナイト!至急兵を集め出撃せよ!なんとしても国には入れるな!ワドルドゥ!」
「はっ!」
「通信兵を国境付近に走らせよ!近隣住民を避難させろ!それからカービィたちにも連絡を入れてやってくれ。あいつら年中暇してるはずだからな。」
「御意!」
「城にいるすべての使用人及び兵士に伝える。ルミナル王国より宣戦布告あり!直ちに臨戦態勢を取れ!」


まあ、プププランドも年中平和でもないです。
この続きどこかでやれるかな。

[擬人化たちのお正月]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。